庭づくりの
ポイント

こだわりのお庭づくりを
実現させるために

近年は趣味としてガーデニングを楽しむ方も増え、造園・エクステリア・ガーデニングへの「こだわり」を大切にされているご家庭が多くなってきました。ただ、細部にまでこだわった本当の「こだわりの庭」を実現しようと思えば、本格的な庭づくり計画が必要になります。そこで、こちらでは福岡県久留米市の庭設計事務所「藍ランドスケープ」が庭づくりのポイントをご紹介します。新しい庭づくりはもちろん、庭のちょっとしたプチリフォームにもぜひお役立てください。

お庭 写真

焦らず時間をかけて理想へ

お庭 写真

こんな庭をつくりたい! という理想があると、どうしても「早く完成させて、理想の庭を楽しみたい」と思ってしまいがちです。しかし、こだわりたいならむしろ時間をかけて造ってゆくほうがよいお庭になります。最初から理想通りの庭を完成させるのではなく、植えた木や花の成長に合わせて変わっていく庭を見守りながら、3~5年かけて完成形に仕上げていくことがガーデニングのポイントです。植物が変化していくと、それに合わせて「次はどんな植物を植えようか?」というアイデアも湧いてきます。そうして、変化を楽しみ、ときには手を加えて育てていくことで、庭の趣がより深まっていくでしょう。

イメージをしっかりと伝えることが大切です

お庭 写真

たとえば、「日本庭園風の庭を造りたい」と言われたら、みなさまはどのような庭をイメージするでしょうか? 有名なお寺の石庭をイメージされた方もいるでしょう。四季の草木に彩られた、華やかな庭園をイメージされた方もいるかもしれません。日本庭園風と言っても、そのイメージは幅広く、人によって思い浮かべる庭が異なるものなのです。

そのため、業者に対して自分が理想とする庭のイメージをしっかりと伝えることは、庭づくり・造園・ガーデニングの重要なポイント。「石にこだわりたい」「四季の花を楽しみたい」「現代的な設計で」など、こだわりを具体的に伝えることが大切です。また、イラスト・写真などを使って、そのイメージをお客様と業者の間で共有することこだわりの実現には不可欠です。

庭づくり・資金計画をしっかりと

お庭 写真

庭づくりは、一度造って完成したら終わり……というものではありません。美しい庭を維持していくためには、庭づくり計画に沿った適切なメンテナンスの継続が必須。剪定などのお手入れを続けていく必要があります。たとえば、夏には防虫対策、水やりのためにスプリンクラー設置、ハロウィンやクリスマスには電飾を設置してイルミネーションを楽しみたい場合にはそうするための費用が必要です。

そのため、1年、3年、5年と長いスパンで庭づくりと資金の計画を立てておくことが重要です。将来的に木を植え替えたり、新たにエクステリアを設置したりする予定があれば、その分の資金も想定し、計画に組み込んでおきましょう。

大事なポイントを押さえておきましょう

安全な庭であること

子どもや孫が安心して遊べるかどうか? 年齢を重ねたときに、移動で困ることはないか? など、快適かつ安全に過ごせる庭であることはとても大切なポイントです。バリアフリー設計で導線をフラットにするなど、将来的な暮らしの変化まで見据えた庭づくりを考えていきましょう。

今後のメンテナンスも含めて検討

素敵な庭を維持していくためには、適切な手入れが欠かせません。しかし、忙しくてついついメンテナンスを怠ってしまう……というケースは多いものです。庭づくりの段階からメンテナンスの手間についても検討し、あらかじめ、剪定回数が少なくて済む木を選ぶ、雑草が生えにくい環境をつくるといった工夫をしておけば、メンテナンスの負担を軽減することができます。

心身ともにリラックスできる空間づくり

自然と家族や友人が集まってくる、一人の時間を楽しめる。庭に求めるものは、ご家庭やそこで暮らす方お一人おひとり異なるものですが、どのお庭でも大切なのは、心と身体の両方が休まる空間であること。見た目の彩り、草木の香り、芝生や石の手触りといった五感への心地よさも大切にしながら、安全のために手すりを設置するなど機能性の良さも忘れない。そんな心と身体が安らぎを感じることのできる空間づくりをしましょう。

  • お問い合わせページへ
  • ガーデニングアイテム
  • 依頼・施工からアフターフォローまで
トップに戻る
お問い合わせはこちら
0943-72-1750